周遊の後の感激ー霧島岑神社

霧島東神社から、また太い道に出て、次の神社、霧島岑神社に向かいます。

画像

もう失敗しないぞ、と注意深く曲る。軽自動車一台やっと通れる道、ゆるく曲がる分かれ道を曲り、豚舎の少し先を通り、大きな道に出ると、先の神社の矢印。


何か、今日は、変。


また、戻り、後ろから急いで来る軽の女の子の車に煽られながら、急スピードで右折。先ほどの道を今度は真っ直ぐ行く。と、すぐ道は谷へ落ち込んでいく。
Uターンできないので、小枝触りながらバック。分かれ道まで戻り、またゆるく曲がり道を行くが、豚舎の脇を通り過ぎ、また大きな道に出る道になる。


おかしい。

また、御池の退避線まで戻り、案内所の人の自作地図よく見ながら行く。
画像
と、今度は標識が出てから二つ目の大きな道、つまり、出てきた道を曲がって行くのが正解だった。あ、ちゃんと、シャクナゲロードと書いてあるじゃないか。

うーん、難しい。
今度はナビを入れて途中の地名で検索しながら行く。

皇子原、という地名を過ぎて、さらに行くようなので進んでいく。と、本当に軽一台やっと通れる林道になる。シャクナゲロードだもの、そんなもんだろう、と、いく。まえから来た軽トラックの夫婦連れが怪訝な顔をして見つめてくる。
いくらなんでもでもおかしい、とおもっていくと、到着しました!
画像


新燃岳の登山口駐車場。全然山の中だった。2台ほど止まっているが、本当は入山禁止でした。
霧島の活火山、しみじみ見ることができた。山の神様はこれを見て欲しかったんだなあ、と思う事にする。

林道を10km以上入り込んでいたので、降りに下る。

皇子原までおり、正しい道を探す。やっと最後の信号らしきところまでついたが、そこからまた分からなくなり、今度はきれいな高千穂の全景を見ることができた。うれしい。

やはり、「  岑  」  みね  神社だから、しっかり、霧島の御山を目に焼き付けておいてから来てね、という事か。

画像
元の太目の道に戻り、もう少し先に行く。と、なんだ、道を曲がって行くのでなくて、曲がり角が神社の鳥居になっている、と地図は書いてあるつもりなんだ!と分かる。
画像
あれ、この鳥居の形はちょっと普通じゃない、どこかで見たような・・・・・。
画像
そうだ!厳島神社と同じだ。
画像
鳥居の中を車で通過して、参道入り口脇の広場に駐車する。なんと、もう昼過ぎ、休憩してる車の方から、車で行くんなら、参道を行かずに横の車道を行くと本殿の脇に出る近道がある、と教えていただく。ご親切にありがたいが、正攻法でちゃんと行きたいんです。

入り口には狛犬でなく、仁王様が立っている。九州に来て、はじめて仁王様に迎えられた。野趣、独自性、中央とは違う主張?神社の入り口ではあるが、異界への入り口のようだ。狛犬さんより守護が強そうな感覚。
画像


画像
画像

仁王様の脇を通って、少し低くなっている枝波をくぐるようにして歩き出す。潜り込むような感覚。樹林のトンネルができている。
画像
参道の両サイドがうまく削られていて、円柱の中を進んでいる感じ。日常と違う、祀りの場への転換。


画像
石段の基壇のデザインが秀逸。幾何学的。
画像
緩く登る長い長い参道を進みます。
画像
画像
中の鳥居はよく見る形。
画像
画像
鳥居をくぐって、両サイドの猿田彦神社さまに御参り。すると、さっきの霧島東神社では杉であった、原初の二本木鳥居が楠ではない常緑樹で作られている。タロットカードのーワンドの4ーを思わせる二又にした二本の樹。
その前から、光溢れる祀りの場が広がっている。
画像
画像
視覚的にも、皮膚感覚的にも、演出効果を狙っている。設計思想が違っている。本宮的な感じ、が、する。光が神聖な気持ちを増幅してくれているようだ。
画像

参拝し始める、と、白銀の光が中天から脳に刺さりこんでくる感覚があり、心が光り輝いてくる感じがする。ありがたい!あたたかい!
ぐるっと裏手を一巡り。
画像


画像
画像
画像
画像
ある程度居たが、帰って来そうも無いので帰ろうとすると、神職さんがゆっくり裏手から歩いてくる。ついてる。御朱印をもらい、少し話。頂いた由来記によると、平安中期にここ.を訪れた性空様が、脇社が無いことを憂い、ほかの五社を建立したのが「霧島六社権現」と呼ばれる始まりと伝えられる、と書いてある。しみじみ納得できる。もう少し、ここに居よう。


画像
画像
画像
すっかり、リフレッシュしました。

鳥居を出て、もう一度、ご挨拶させてもらいました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

おとひなもり
2015年06月01日 22:53
初めまして。霧島岑神社素敵な神社ですよね。わたしも大好きです。

霧島岑神社の表現がほんとその通りです。上手に表現しておられびっくりしました。また読ませてくださいね。
nobuphyto
2015年06月02日 01:07
おとひなもり  様 へ

コメントありがとうございます。
ブログお読みいただき、ありがとうございます。
お返事、ここに書いていいのかすら分からないのですが、本当に嬉しいです。

霧島岑神社は本当に心に染みる所ですね。
伺えたのが、私にとって、宝物です。

また、伺ったお社の話、書いてみますので、見てくださいね。

この記事へのトラックバック